📉95】96】─1─少数の秀才を作る優れた中国教育、多数の鈍才を量産する劣った日本教育。〜No.216No.217No.218No.219 * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 日本が栄える中国に比べて衰えたのは、リベラル派・革新派そして一部の保守派が好奇心豊かな子供たちに押し付けた現代教育が原因であった。
   ・   ・   ・   
 2022年の人口。
 日本、1億2,000万人。
 中国は、14億人。
 少数精鋭は、少数からではなく多数の中から作られる。
   ・   ・   ・   
 プレジデント ウーマン
 シンガポールから見た「日本人とお金の不思議」
 #インターナショナルスクール
 #シンガポール
 2020.10.06
 やはり"タイガーマザー"は凄いのか
 日本を抜いてアジアで首位に! 世界的富豪も認める「中華圏のすごすぎる教育」の実態
 花輪 陽子(はなわ・ようこ)
 1級ファイナンシャル・プランニング技能士
シンガポール在住、ファイナンシャル・プランナーの花輪陽子です。世界の大学の最新のランキングをイギリスの専門誌が発表しました。アジアからは、中国とシンガポールという中華圏のトップ校が日本を抜いて上位にランクインしました。今回は、今世界でも注目されている中華系の教育力について分析したいと思います。
 中国の学校の教室で、書き取りをする少女
 ※写真はイメージです(写真=iStock.com/MediaProduction)
 ジム・ロジャーズ氏が語るアジアの教育の素晴らしさ
 英国の教育専門誌『Times Higher Education(THE)』が、大学の教育の質や国際性などを総合的に評価する「THE世界大学ランキング2020」を発表しました。1位が5年連続でイギリスのオックスフォード大学、2位がアメリカのスタンフォード大学、3位がハーバード大学で、上位13校までを米英の大学が占めました。アジアの大学の中では中国から清華大学(20位)と北京大学(23位)、シンガポールからはシンガポール国立大学(25位)と南洋理工大学(47位)、日本の東京大学(36位)と京都大学(54位)などが上位にランクインしました。
 このランキングには資金力も影響しているようです。今回、中国の大学の研究による収入の中央値が初めてアメリカの大学を上回り、専門家は「新型コロナウイルスの影響で、アメリカの大学の収入が落ち込み、米中の大学の差が縮まるきっかけになるかもしれない」と指摘しているようです。中国からは2019年と同じ7校が上位200校に入り、ほとんどの学校が順位を上げています。シンガポールは基本的に財政黒字で準備金の蓄えがありますが、日本は財政難から教育など政策投資に投じられる予算は削られる一方です。
 15歳児を対象にした国際学力テスト(PISA)では科学的リテラシー、読解力、数学的リテラシーの3分野で2015年にシンガポールは世界首位でした。2018年度には中国(都市部)に抜かれたもののシンガポールは2位です。その他、3位マカオ、4位香港など中華圏の学力の高さには圧倒されます。ちなみに、日本は6位、韓国は7位、イギリスは13位、アメリカは25位でした(2018年)。世界3大投資家のジム・ロジャーズ氏も、娘たちの教育のためにシンガポールに移り住み、娘をローカルスクールに入れているほどです。取材のたびにアメリカの教育はひどく、アジアは素晴らしいと言います。留学でアメリカを目指す日本人はいまだ多いものの、実はアジアの教育の方がよいのでしょうか。
 中国人の家庭の多くでは、3カ国語を一度に学ばせている
 筆者はシンガポールで子供を欧米系のインターナショナルスクールに入れています。8月で学年を区切るために、日本よりも1学年繰り上がり、小学生になりましたが、英語の読み書きに苦労をしています。英語の場合、日本語のひらがなと違って、例外的な読み書きをする単語が多くあります。学校では単語カードなども持たせてくれるのですが、発音のためにマニアックな単語も多く、辞書で引いても出てこないような単語もあって、苦戦しています。当然、親がネイティブではないと学校では不利です。
 しかし、娘が入っているELL(English Language Learner)という英語サポートクラスには、アメリカ人など英語ネイティブスピーカーの子もいて驚かされました。母国語なので喋ることができても、低年齢だと読み書きができない生徒も多いよう。ELLは想像以上にアジア人が少なく、中国や韓国の生徒などの姿はあまりありません。学校では中国と英語を学ぶので、韓国人や日本人の場合、両方とも母国語ではないのでどう考えても不利です。
 両親ともに中国人や韓国人の家庭に英語の教育をどうしているか聞いたところ、学校の外でも英語の読み書きを習わせていると言います。シンガポールに来ている中国や韓国、インドの親はエリートが多く、両親共にアメリカの大学で大学院まで出ていて、英語が堪能なカップルも多いです。インド人の親などはボーディングスクールを出ている人も。中国から母子留学で来ていてELLに入っている生徒もいますが、英語の家庭教師などをつけて必死に授業にキャッチアップしています。
 中国人の家庭の多くでは英語とスペイン語を学校で学ばせ、家では中国語を教えているようです。「3カ国語を一度にやるのは大変ではないか」と聞いても、絶対に学ばせたいし、子供も興味があるからと強い熱意で言うので感心をしました。中国語の授業の際も熱心に授業に参加しているのはインド系などアジア人で、欧米人は苦手意識が高いようです。
 小学校入学前に英語の文章が書けないとダメ
 新型コロナの影響で、祖国に帰る欧米人が多く、シンガポールのインター校の生徒の割合はアジア人が高くなっています。中国やインドからの生徒の割合が上がり、授業のレベルが押し上げられます。実際に中国の親などは授業のレベルを上げてほしいと学校側に要求をするためにカリキュラムが前倒しになる傾向があるようです。
 日本では小学校1年生でひらがなを学び、算数は足し算などをしますが、シンガポールではインター校でも小学校1年生で英語の文章をかけ、簡単な本が自分で読めるようにならなければなりません。ローカル校だと、さらに1年早いようで、小学校入学前に英語でセンテンスが書け、中国語も学び、小学校ではタイピングをするようです。子供用のキーボードを探していると友人は言っていました。友人は図書館が開けるほどの児童書やDVDなどを買っているのですが、毎日読み聞かせ続けた結果、ある日子供が自分で英語の本を読めるようになったと言います。
 また、学校では学力テストが多く、学年でのレベルに満たない場合は英語や算数で特別なサポートを受ける形になります。小学校の新学期が始まってすぐに英語、算数などのテストをするために授業スピードが早いです。様子を見るということもなく、できることをなるだけ早くやるようです。家庭のサポートも容赦なくリクエストしてくるので、毎日20分程度は子供の勉強のサポートをしています。
 中華圏の子供たちは習い事も多くさせていて、週6などで予定が入っている子供も多いです。集合住宅で外遊びをしているのは欧米人やインド人がほとんどだと感じます。その他の子供たち(主に中華系)は習い事や塾などでしょうか。最近は、同じ集合住宅の中国人の子供と放課後に遊ぶ習慣ができたのですが、勉強は得意でもなんとなく運動は苦手そうに感じます。少し走るとむせたりするようです。スポーツや文化的な活動に関しては欧米や日本の教育に分がありそうです。しかし、学力は驚異的なものがあるために、将来、大学受験の際に彼らと競争をしなければならないとなると、先が思いやられます。
 欧米の教育と中華圏の教育と、どちらも極端な部分があります。真ん中くらいがよいと感じる家庭も多いようでそれに合わせた教育を提供する教育機関も見受けられます。子供の個性に合った教育機関を各家庭で慎重に探す時代になっているのかもしれません。
   ・   ・   ・   
 講談社ホームページ
 2018.12.11
 # 中国
 # 在日中国人
 在日中国人が悩む「日本の学校ユルすぎ、子ども入れて大丈夫か」問題
 有名私立か中華学校か、揺れ動く親たち
 中島 恵ジャーナリスト
 プロフィール
 「子どもを日本の学校に通わせるのは、正直いって不安があるんです。だって、日本の学校教育はゆるすぎるから!」
 東京都内に住む30代前半の中国人女性、張琳さんはこう打ち明ける。彼女は都内の企業で働きつつ、2歳半の子どもを育てている。同じ中国人の夫は独立して会社経営しているため、一家は当面、日本に住み続ける予定だ。目下の悩みは、早くもその幼い子どもの進路だという。
 「中国に住んでいたときは、日本ではクラブ活動とか総合教育を重視すると聞いていて、すばらしいな、と思っていたんです。でも、いざ自分に子どもが生まれてみると、やっぱり勉強第一、と思うようになりました。ちょっと迷いが生じています」(張さん)
 『日本の「中国人」社会』(日経プレミアシリーズ)を上梓したジャーナリストの中島恵氏は近年、在日中国人を取材するなかで彼らの「ある悩み」に気づいたという。教育大国・中国に出自を持つ彼らならではの悩み、そしてその背景を中島氏がレポートする。
 有名私立校の「お受験」に励む人たち
 私はこれまで数百人に上る在日中国人を取材してきた。日本には全在日外国人のうちで最も多い約73万人もの中国人が住んでいる。
 彼らは仕事や結婚、家庭などさまざまな悩みを抱えつつ、この日本で生きているが、主に都内に住む20代後半から40代のホワイトカラー(エリート層)に限定すると、彼らの大きな悩みは「子どもの教育をどうするか」という問題。そこには、在日中国人ならではの理由がある。
 私が都内で取材した範囲では、有名私立か、中国人のための中華学校か、という主に2つの選択肢で悩む人が多く、私が聞く限り、進学校を選択する人が多かった。
 その理由は何なのか。子どもを私立の有名小学校に通わせている女性、王慧さんはこう語る。
 「中国には私立の学校自体まだ非常に少なく、選択肢は多くありません。日本の私立は校風が明確、一貫教育をしてくれるところも多く、子どものレベルもある程度、担保されるからです。その学校は夫の友人の子どもが通っていて、とてもお子さんの感じがよかったことと、勉強熱心なこともあって、そこをお受験しました」
 〔PHOTO〕iStock
 ほかにも、有名私立に通わせている、あるいは有名私立に通わせたいと語った親は多かった。日本の有名私立は、中国の学校にはない“立派で高価な制服”があり、規則も厳格なことが多い。それが彼らの目には新鮮で魅力的に映っているということがある上、将来の設計も見通しやすい、という安心感があるようだ。
 また、小学校は公立にして、同時に進学塾にも通わせ、有名私立中学を受験させるというコースを選ぶ家庭も少なくない。これは日本人の教育熱心な家庭とほぼ同じといっていいだろう。
 しかし、迷った末に進学させた有名私立であっても、実際に通ってみると在日中国人の人々の目には「ゆるく」映るケースが少なくないのだという。
 50代のある中国人女性は、2人の子どもを“中国式”のスパルタで育て、公立の小学校→私立の中高一貫校から見事、2人とも東京工業大学に進学させた。
「テストが少なすぎる」「宿題が少なすぎる」
 その女性はこう語る。
 「悪い意味ではなくて、日本人の場合は、そこそこがんばれば、ある程度やっていけるのです。だってここは日本で、日本人の国なのですから。日本人にはさまざまな選択肢があります。でも、私たちは “マイノリティ”、どんなにこの国に長く住んでも、やはり外国人なんですよね。
 中国人と日本人、まったく同じ成績だったら、日本人のほうが有利だし、就職でも先に採用されるでしょう? それは仕方がないこと。
 だから、私たちは日本人よりもがんばらなくちゃいけないんだ、という気持ちで、日本のゆるい教育に流されることなく、歯をくいしばってやってきたんです。それは、子どもはこの国で暮らしていくんだから、という意思表示でもありますね」
 彼らが日本の教育を「ゆるい」というのは、あくまでも母国・中国との比較に過ぎないのだが、たとえば「宿題の量が少なすぎる」、「テストが少なすぎる」などの例を挙げる人が多い。
 中国では普通の小学生でも宿題は毎晩11時までかかっても終わらないほどの量で、テストも毎日のように行われているからだ。テストのたびに成績も発表され、優秀な順にクラス分けされる。中国では中高でも日本人が考えるような本格的なクラブ活動はほとんどなく、恋愛禁止、勉強一辺倒の生活を送ることがごく普通だ。
 〔PHOTO〕iStock
 当然、日本の学校の「ゆるさ」は、現在子どもの進学先を選んでいる在日中国人にとってみれば迷いを生じさせる要因となる。それゆえ、冒頭の張琳さんのように不安を抱えてしまう人がいるのだ。
 「最低でも早慶以上でなければ」
 とはいえ、子どもを東工大に入れた女性のように、スパルタを意識して子どもを育て、日本の一流大学に進学する子どもはかなり多い。
 帰化している例もあるため、中国人の子弟の日本での進学率を示す統計はないが、日本人の私の友人で、都内の学校に中高生を通わせている親からも「うちの子のクラスメートに中国人がいて成績優秀だ」という声は頻繁に聞こえてくる。10年前までは考えられなかったことだ。
 私が取材した趙剛さんは在日中国人2世で慶応義塾大学の学生。中国の内陸部出身の両親はともに20年以上前に来日し、都内の一流企業に勤務している。
 趙さんは父親が親しくしている中国人家族と食事会やゴルフに出かけることがあるそうだが、そこで一緒になる子息たちは、多くが東京大学京都大学など国立の名門校の出身ばかりだったとか。
 「びっくりしたんですよね。大学院まで行っている人もかなりいました。私は少年野球をやってきて、中学から慶応でした。ずっと野球漬けの学生生活を送ってきたので、ちょっと肩身が狭くて……。
 彼らに会うのは気が引けました。父の友人の中国人コミュニティでは、私のような存在は少数派かもしれません。皆エリートで教育熱心な人が多く、『(子どもの)大学は最低でも早慶以上でなければね……』という雰囲気でした」
 関連記事
 日本のエリート学生が「中国の論理」に染まっていたことへの危…
 中華学校という選択
 母国の厳しい競争を考えると……
 彼ら(両親)が子どもを日本の進学校や有名大学に進学させたいと願うと同時に、日本の学校で大丈夫かと悩んでもいるのは、在日中国人同士のライバル心やメンツがある。そして、母国・中国での激しい受験戦争も関係している。
 中国では幼いころから詰め込み教育が行われるのが普通だ。人口14億人の中で抜きん出るためには、人一倍努力しなければならない。中国では生まれた場所、戸籍などによって、努力だけでは一流大学に進学できないが、もし一流大学に進学できれば、二流大学、三流大学の人よりも高い給料を得ることができ、いい人生を送ることができる。
 13 億人の競争を勝ち抜かなければならない〔PHOTO〕iStock
 価値観が多様化し、いい大学に行くことだけがいい人生ではない、と考える人もいる日本とはだいぶ異なるのだ。
 その母国の情報が今ではSNSなどで簡単に入手できるため、日本に住む中国人は「うちの子はこのままでいいのだろうか?」「中国に住む友だちの子どものほうが先に進んでいるんじゃない?」という“焦り”を感じてしまうのだ。だから余計に教育に熱が入る。
 中華学校という選択
 一方、もうひとつの選択肢が中華学校だ。中華学校とは海外に住む中国人のための学校のことを指す。日本には中国系、台湾系合わせて5つの中華学校がある。東京(四谷)、横浜2校、大阪、神戸だ。
 中でも有名なのは横浜山手中華学校で、同校には小学部、中学部の合計で約600人の子どもが在籍している。95%が中国にルーツを持つ子どもたちだ。近年は在日中国人の増加に比例して入学志願者も増加し、小学部の倍率は約5倍という狭き門。
 横浜山手中華学校〔PHOTO〕著者提供
 「わざわざ関西方面から受験にやってくる中国人もいるし、引っ越してくる人もいる。問い合わせは日本全国からある」(張岩松校長)というほど人気となっている。
 同校の小学部では中国語による授業が全体の70%を占める。基本的に校内での会話は中国語なので、12歳までに中国語を自然と身に着けることができるのが大きなメリットだ。
 中国人の先生も多く、日本の学校では習わない「中国文化」について、基本的な知識を得られるのも魅力だ。保護者の多くは30~40代で、冒頭の女性と同じように「日本の教育はゆるすぎるから(ぜひ、こちらで)」と心配しているケースが少なくない。
 「母国語を習得させたい」という動機
 中国語をきちんと習得させて、中学卒業後は中国の高校に子どもを送り出したいと思っている親もいて、「中国に提携校(高校)はないのですか?」という問い合わせもある(実際、要望が非常に多いため、2017年に中国の3校と提携し、進学できるようにした)。
 中国人に限らないが、海外に住む人にとって、子どもの母国語問題は心配のタネだ。日本生活が長くなってくると、子どもは日本語がネイティブになるが、本来、母国語のはずだった中国語は“外国語”となる。
 ずっと日本に住むつもりなら、子どもも日本語がネイティブのほうがむしろいいのかもしれないが、親自身もこの先、一生、日本で仕事を続けていくかどうかわからない場合、また、子どもの将来の可能性を考えたときに、「日本語しかできなくて、日本の大学を出て、日本で就職するというだけでいいのだろうか?」という不安にかられる。もちろん、中国人としてのアイデンティティにも関わってくる。
 そのため、日本の学校に通わせながら、週末だけ中国人専用の中国語塾に通わせている親もかなりいる。
 また、「幼いころは中国に住む祖父母の元に預け、中国語がある程度話せるようになってから呼び寄せ、その後、日本の学校に入れる」という手段を取る人もいた。そうでないかぎり、日本に住んでいるので、親子の会話はどうしても日本語になってしまうからだ。
 母国から離れているからこその不安
 中国には「孟母三遷」という有名なことわざがある。孟子の母が、最初は遠くにあった住まいを、子どもの学校の近くに3回も引っ越して、子どもの教育のためによりよい環境を整えようとしたという話だ。
 この言葉からもわかる通り、中国人の親には、子どもの教育のためならば、自分の全エネルギーを傾けるくらい情熱を注ぐ人は珍しくない。
 経済成長が著しく、社会の変化があまりにも激しい中国でも、教育にかける親の熱だけは相変わらずだが、それは「中国社会のミニチュア版」である在日中国人もまったく同じだということだ。
 しかも、彼らは中国から遠く離れている分、余計に日本での教育を心配し、日本人とは違うところで思い悩んでしまうのだろう。
   ・   ・   ・