5総目次〗─0─人口爆発と食糧問題。地球温暖化。低下する日本の能力。<平成31年1月19日>〜No.1  * 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・  
 当ブログは、歴史の定説を恣意的に書き替える為に作成している歴史修正主義民族主義のブログである。
   ・   ・   ・   
 令和3年5月9日‥検索人数1万人突破。
   ・   ・   ・   
 ブログ作成日 令和元年
   ・   ・   ・   
 日本人は、2割が善人で、3割が悪人で、5割がどっち付かずの中途半端で付和雷同する。
 2割の善人で日本は善人とは言えないし、3割の悪人で日本人は悪人とは言えない。
   ・   ・   ・   
 日本民族日本人と日本国民日本人とは違う。
   ・   ・   ・   
2022-06-09
(目次)。個人情報関連緊急告知・No.2。補足・No.1、No.2。 
   ・   ・   ・   
2022-03-06
〖目次〗貼り付ける記事:日本編。古代、中世、戦国。令和4年版。
2022-03-07
〖目次〗貼り付ける記事:日本編。江戸・近世、近代、現代。令和4年版。
  ・  ・  
2022-03-31
〖目次〗貼り付ける記事。海外編:中国、朝鮮。中国共産党。2022年版。
2022-04-01
〖目次〗貼り付ける記事。海外編:西洋諸王国。マルクス主義共産主義反ユダヤ主義。2022年版。* 
   ・   ・   ・   
2022-05-19
🍜ブログ共通記事〗─1─自然の旨み成分が日本民族の性格・性質・体質に強い影響を及ぼしていた。 
   ・   ・   ・   
2022-01-01
🐙目次〗─1─世界の食糧問題。イースター島
   ・   ・   ・   
2022-01-02
🐡目次〗─2─日本と世界の飢餓と餓死。災害大国日本の弱点は「食と水」である。〜No.1
  ・   ・   ・   
2022-01-03
🐟目次〗─3─現代日本人の自然破壊。日本農家の消滅。日本の家畜虐待。〜No.1  * 
   ・   ・   ・   
2022-01-04
🍠目次〗─4─日本は海外で必要な食糧を確保する為に戦争を引き起こした。江戸・明治・大正。~No.1  * 
   ・   ・   ・   
2022-01-05
🍙目次〗─5─日本は海外で必要な食糧を確保する為に戦争を引き起こした。昭和〜No.1  * 
   ・   ・   ・   
2022-01-06
🦋目次〗─6─平成。戻らない過去の栄光にすがっている日本人。〜No.1 * 
   ・  ・   ・   
2022-01-07
🍘目次〗─7─令和。食糧輸入国日本の食料安全保障。食糧自給率低下。〜No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-08
💫目次〗ー8ー宇宙・地球・生物・日本列島誕生・人類の誕生・絶滅・滅亡。食の起源と食の革命。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-09
🌌目次〗ー9ー氷河期。地球温暖化。異常気象。自然災害。飢餓。日本の天災。ペット虐待。動物愛護。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-11
🐞目次〗─10─自然破壊による生態系の異常。絶滅危惧種。〜No.1 * 
   ・  ・   ・   
2022-01-15
🌀目次〗ー11ー感染症爆発(パンデミック)は戦争である。武漢肺炎(新型コロナウイルス)。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-22
🛐目次〗ー12ー世界全体の少子高齢化で人類の人口は減少して行く。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-23
🗡目次〗ー13ーメイド・イン・ジャパンと軍事科学技術。軍需産業。宇宙産業。石油。ドローン。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-24
⛻目次〗ー14ーモノ作り日本。老舗。重農主義重商主義。東京。京都。大坂。日本製造業の凋落と復活。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-25
⚡目次〗ー15ー日本の科学技術が中国に奪われる。ロボット、AI、原子力、エネルギー、IT。半導体。EV自動車。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-26
📉目次〗ー16ー日本思考。戦後教育の失敗。大学のレベル低下。ノーベル賞。理系文系。日本学術会議。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-01-27
⚜目次〗─17─軍国日本の1940年体制。総力戦計画。G7先進国・科学技術立国。護送船団方式日本株式会社。~No.1 * 
   ・   ・   ・   
2022-04-29
🍞目次〗─18─ウクライナ戦争と日本の食糧危機。〜No.1 
   ・   ・   ・   
6つのブログ。
1:昭和天皇は戦争回避とユダヤ人難民救護を希望し原爆開発中止を厳命した。 
   ・   ・   
2)日本の祖先神・氏神の人神崇拝と普遍宗教の隣人愛信仰による400年宗教戦争
   ・   ・   
3」西洋キリスト教文明・白人の功罪。中国共産党ソ連共産主義者による日本人女性子供虐殺事件。  
   ・   ・   
4〕日本文明・日本天皇大和民族と中華文明・中華皇帝の中国・朝鮮両民族との2000年戦争。
   ・   ・   
5}人口爆発時代。軍国日本の世界戦略は、食糧・石油・原材料などを海外で確保する為であった。
   ・   ・   
6〉人口激減時代。絶望的少子高齢化は、短期的に労働者不足、中期的に消費者減少、長期的に日本民族日本人は少数派に転落、そして日本国の衰退。
   ・   ・   ・   
2012-05-01
1)目次   (開始、平成23年12月8日) 〜No.1
   ・   ・   ・   
 現代の日本人は、民族的な歴史力・文化力・伝統力・宗教力がなく、事実に基づいた歴史が嫌いであり、現実に起きた歴史が理解できないし、本気で歴史を学ぼうとはしない。
 日本が好きでない作家が奇抜な発想と斬新な解釈で書き上げた、日本批判的な時代劇・時代小説が好まれて読まれている。
 日本が好きでない作家とは、反天皇反民族のキリスト教系や反宗教無神論マルクス主義系・共産主義系で、彼らの多くは高学歴な知的派や進歩派である。
 高学歴者とは、戦後民主主義教育世代とその薫陶を受けた優秀な次世代である。
 その実例として、彼らは日本人奴隷交易と昭和天皇A級戦犯達の人道貢献や平和貢献を歴史から抹消している。
   ・   ・   ・   
 日本の歴史には2つあって、民族の伝承・宗教によるローカルな神話物語とアフリカを源流とする科学的根拠によるグローバルな人類史である。
 ローカルな神話物語とは、古事記日本書紀を正統根拠とする日本神話・民族中心神話・高天原神話・天孫降臨神話、つまり女性神天照大神最高神とする天皇神話である。
 それが、皇国史観であった。
 グローバルな人類史には、科学的経験的正当性はあっても宗教的合理的正統性はない。
 神話物語と人類史の2つを持つのは、民族としては日本民族琉球民族アイヌ民族だけで、国家としては日本国だけで、その歴史に正当性を裏書きしているのが正統な天皇の神格である。
 その意味で、日本は特殊で特別であるが、日本国と日本人が優れているとは無関係である。
 天皇は日本を統一して日本建国宣言の詔を発していない為に、日本には建国年と建国記念日は存在しない。
   ・   ・   ・   
 アニメ映画『銀河鉄道999』「男なら、負けると分かっていても戦わなければならないときがある」
 人としての生き方、男の生き方は、邪な心に支配され卑屈に逃げ惑う大人よりも、純粋に本能に従って行動する子どもの方が良く知っているのかも知れない。
 負けるのは分かっていても、戦う以上は勝つつもりで戦った。
 負けるつもりで戦うのはバカである。
 武士は、「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」(葉隠)で戦っても勝てない相手と分かっても、武士の一分、名誉、意地、領地の土地を守る為に死を覚悟に戦った。
 死ぬ気で戦ったが、死ぬ事を前提とした自殺行為ではなし自暴自棄でも発狂ではなく、守るモノを命を賭しても戦い、そして生きのこる為に戦ったのである。
 つまりは、生きるのが大前提である。
 武士道の戦い方とは、肉を切らせて骨を切る、死中に活を求める、一か八か、運を天に任す、である。
 日本の武士は、西洋の騎士ではないし、中国や朝鮮の武官・武闘家・武人ではなく、イデオロギーの戦士や革命の闘士でもなく、ましてやイスラム教徒などの宗教的テロリスト・自爆犯でもない。
  ・   ・   ・   
 2020年7月30日号 週刊文春「福岡ハカセのパンタレイパングロス
 福岡伸一
 少子化の真の理由
 ……
 同時に、この話を聞いて、ハカセにはわかったような気がした。少子化の真の理由が、である。このところ、ハカセのキーワードは、〝ピュシス対ロゴス〟である。いずれもギリシャ哲学の言葉で、ピュシスとは本来の、ありのままの自然のこと。一方、ロゴスというのは脳が作り出したフィクション、あるいは論理や言葉のこと。われわれホモ・サピエンスは、ロゴスを発明したことによって、ピュシスを制御し、アンダー・コントロールに置いた。これにはよい面がたくさんあった。ピュシスは、残酷で冷徹で暴力的である。それを相対化し、個人の自由や人権を理念として言語化した。しかし、ピュシスとしての生命をすべてロゴスで管理することはできない。生と死、病、生理、排泄・・・こういったピュシスの実相は、見て見ぬふりをした。あるいはタブーとして隠蔽した。今回のコロナ禍もまたピュシスとして自然の不意の顕れであり、それを前にロゴスは右往左往するしかない。
 とはいえ、都市化された私たちの生活は、いやおうなくロゴス万能主義の道を邁進している。AIやIoTはその極めつきの象徴だ。山深い森の中に分け入り、苦労してようやく念願のルリボシカミキリの青に触れるかわりに、今の少年少女たちはネットの中の森で虫を知る。おそらくホンモノには一生会うことがない。つまり、ピュシスを感じることなく、ロゴスで満足できる。生物にとって最も端的なピュシスは、なんと言っても、性と生殖である。しかし、最後に残されたこの部分でさえ、私たちは今やロゴスに委ねようとしている。絵、写真、映像、文章・・・こういったロゴスだけで、性的に興奮し、自己満足できるのは、ロゴス化された脳を持つ私たちホモ・サピエンスだけである。他の生物にエロ写真はない。私たちのピュシスは、私たちが発明したロゴスによって滅ぼされようとしているのである。」
   ・   ・   ・   
 現代の日本人は、民族的な歴史力・文化力・伝統力・宗教力がない為に、歴史が嫌いであり、歴史が理解できないし、それ故に歴史を学ぼうとはしない。
 特に、戦後民主主義教育を受けた高学歴な知的エリートや進歩的インテリにその傾向が強い。
   ・   ・   ・   
 江戸時代までの日本は、外国から生存に必要な物資を輸入しない、頼る事がない地産地消の完全自給国で、その為に気象異常で凶作が起きると飢饉が発生して夥しい人々が餓死していた。
 日本は近代化と共に食糧・物資・エネルギー(石油)の輸入国に転落した。
 明治から昭和前期にかけて、日本は、経済が発展し産業が盛んになると大量の石油と資が必要となり、人口爆発で人口が急速に増えると国内生産では賄えなくなった。
 明治以降の日本は、大凶作に襲われても食糧を緊急輸入して餓死者を出さなくなった。
   ・   ・   ・   
 国際通貨は米ドル貨・英ポンド貨・仏フラン貨などで、日本円貨は通用しなかった。
 日本の貿易で重要であったのが、アメリカとイギリスに貯めた在外日本資産であった。
 アメリカ・ウォール街、イギリス・シティー、オランダ・アムステルダムの金融を支配していたのは、ユダヤ系国際金融資本であった。
 そして、世界の食糧・物資・石油などを支配していたのは、アメリカとイギリスの国際資本であった。
 世界戦略からいえば、食糧・物資・石油は最有力な武器であった。
 輸入国家日本の命綱は、輸出産業で稼いだ外貨を貯めた在外日本資産であった。
   ・   ・   ・   
 日本の開国・幕末・明治維新戊辰戦争・近代化とは、対外戦争を戦う為の軍国主義化であった。
 戦国時代、中世キリスト教会による宗教侵略。日本人奴隷交易。
 徳川時代後期、ロシアの軍事侵略。1807年、文化露寇事件。1854年、対馬事件。
 明治初期、アメリカの軍事侵とキリスト教会の宗教侵略。明治31(1898)年、ハワイ王国の併呑、ハワイ王家の廃止、民族宗教の消滅、民族言語の根絶。 
 大正時代、ソ連コミンテルン中国共産党など国際共産主義勢力のイデオロギー侵略。32年テーゼ「日本に於ける情勢と日本共産党の任務に関するテーゼ」で、日本人共産主義者に対する天皇制度打倒の指示。
 昭和初期、大学や専門学校などで反天皇反民族・反宗教無神論マルクス主義が大流行し、学生達はマルクスレーニンの書籍を貪り読んだ。
 レーニンは、搾取されている貧しき人民を解放する為には世界の共産主義化しかないとの信念から、日中戦争と日米英蘭戦争(太平洋戦争)をプロデュースし、中国共産党日本共産党ディレクションした。
 日本人共産主義者テロリストとキリスト教朝鮮人テロリストは昭和天皇と皇族を惨殺する為につけ狙っていた。
 日本の戦争は、外国からの日本侵略と天皇殺害に対する合法的正当防衛としての積極的自衛戦争であった。
   ・   ・   ・   
 日本民族は、数万年前の石器時代縄文時代から日本列島に住み着いていた。
 日本民族とは、ヤポネシア人、石器人、縄文人(日本土人)、弥生人(渡来人)、古墳人(帰化人)が乱婚して混血して生まれた雑種である。
 日本文明は、揚子江流域(江南地域)にあった漁労農耕の温和で平和志向の長江文明の後継文明であって、黄河流域で軍事優先で栄えたの領土拡大・侵略志向の好戦的黄河文明の亜流文明ではなかった。
 ヤマト大王・日本天皇は、数千年前の弥生時代古墳時代に弥生の大乱で殺し合いに懲りた有力な古代豪族達が集まり、平和と安全、安定と発展の為に話し合いで特定の一族を大王位(天皇位)に祭り上げ血筋を絶対根拠として世襲と定めた。
   ・   ・   ・   
 歴史的事実として、古代から、日本は被害者であり、中国や朝鮮は加害者であった。
 日本民族にとって、中国人と朝鮮人天皇殺し・神殺し・仏殺しの、冒してはならい穢してはならない尊き存在に対する「畏れ」を知らない、バチ当たりな、心が穢れた非人間であった。
 592年 渡来人(外国人移民)の東漢直駒(やまとのあやのあたいこま)は、大臣(おおおみ)の蘇我馬子に軽はずみの戯れ事を真に受け第32代崇峻天皇を暗殺し、馬子の娘を略奪して妻とした。
 日本民族は、命を捨てても天皇を助け皇室を護ろうとするが、決して天皇を殺し皇室を滅ぼそうとなしない。
 歴史的事実として、権力闘争・政争で、天皇に即位する前の皇族は殺害され天皇を退位した上皇法皇島流しにあったが、日本民族日本人によって殺された天皇は誰もいない。
   ・   ・   ・   
 クラウゼビッツ「敵の軍隊を壊滅しても、国が残れば軍隊は再建でいる。敵の国を壊滅しても、国民が残れば国は再建できる。しかし国民の意志、魂を壊滅させれば、完全に敵国を壊滅できる」
   ・   ・   ・   
日本人は、事実に基づいた歴史が嫌いで、作家の奇抜な発想と斬新な解釈による時代劇が好きである。
   ・   ・   ・