🌌14}─3─新型コロナウイルスによる急性飢餓約2億7,200万人。〜No.59 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・     
 2021年5月6日 MicrosoftNews 朝日新聞社「2.7億人「急性飢餓」の恐れ コロナ影響をWFP指摘
 © 朝日新聞社 ウガンダ北部ビディビディ難民居住区で、WFPから食料を受け取る南スーダン難民たち=2020年11月27日、遠藤雄司撮影
 紛争や気候変動などで最低限の食料の入手さえ困難になる「急性飢餓」に陥る人が今年、世界で2億7200万人に上る可能性があることが、国連世界食糧計画(WFP)の推計で明らかになった。今年は昨年に続き、新型コロナウイルスの影響で飢餓が急激に増えているとして、警鐘を鳴らしている。
 WFPなど16機関が5日に公表した「食料危機に関するグローバル報告書」によると、2020年は調査対象の55カ国・地域で1億5500万人が急性飢餓に陥っていた。過去5年間の調査で最も深刻で、地域別で最多のアフリカは9800万人と全体の3分の2を占めた。主な理由は紛争(9900万人)、経済危機(4千万人)、気候変動(1500万人)だった。
 さらに、新型コロナ感染が収束しない中、「多くの家庭が労働機会の減少による収入減に直面する」と指摘。WFPが80以上の国・地域で独自に推計したところ、今年の急性飢餓人口は2億7200万人に達する恐れがあるという。
 国連は子どもの3割が深刻な栄養失調で、かつ人口1万人につき毎日2人が死亡しているなどの状態を、飢餓の中でも最も深刻な「飢饉(ききん)」と定義している。WFPは新型コロナの影響で今後、飢饉が発生する危険性を指摘。南スーダンやイエメンなど、ほぼ飢饉の状態にある国も出ており、緊急の人道支援なしには3400万人が餓死する恐れがあるとしている。(小早川遥平)」
   ・   ・   ・