🍚171}─1─戦時中、日本人が国内外で犯した非人道的重犯罪。大雪遊水工事。~No.560No.561 

   ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。  
   ・   ・   {東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博}・    
 軍国日本、日本軍部、日本陸軍は、悪い事をしたが良い事もした。
   ・   ・   ・   
 人助けをした善人の日本人は2割、犯罪をした悪人の日本人は3割、上官の理不尽な命令に盲従し若しくは周囲の空気圧力=同調圧力に押されて行動した無責任で無自覚な善人でも悪人でもない中途半端な日本人は5割。
   ・   ・   ・   
 現代の日本人と昔の日本人は、別人のような日本人である。
   ・   ・   ・   
 中国共産党は、孫子の兵法を駆使して、洗脳操作しやすい日本の親中国派・媚中派を利用して反天皇反日本及び反米反安保などの諸活動を活発化させている。
   ・   ・   ・   
 2020年8月14日・21日号 週刊朝日「政官財の罪と罰 古賀茂明
 終戦記念日に考えたい日本の罪
 毎年8月は太平洋戦争について考えるときだ。
 今回は北海道東川町の話を紹介したい。私は、同町の『大雪遊水公園』という大きな公園で、ある立像を発見した。その台座には『望郷』の2文字がある。その上には、遠くの空を望む青年の銅像が立つ。開拓民が、遠く離れた故郷に思いを馳せる姿かと思ったが、全くの見当違いだった。
 その碑文を要約して紹介しよう。『戦時中の国策として忠別川大雪山系石狩川の支流)に水力発電所が建設されたがmその発電用水は14kmのトンネルで導水されるために水温が上昇せず、下流の水田に冷害をもたらした。水を回流させて温度を上げるために遊水池建設が計画され、工事のために1944年(昭和19年)9月に338名の中国人が強制連行された。(真冬に氷水の中でという)劣悪な環境下で過酷な労働が強要され、終戦まで11ヵ月間に88名が死亡。大半は若人だった。異国の地で故郷の父母や親族のことを瞼(まぶた)にえがきながら斃れていったその無念さを思うと慚愧(ざんき)の念を禁じ得ない。この史実を後世に伝え、なお一層の日中友好の発展と永遠の世界平和を願い、88名の中国烈士の御霊に深甚(しんじん)なる祈りを込めてこの像を建立する。2000年7月7日 東川町長 山田孝夫』
 中国語訳と英語訳も並び、中国や世界の人々に、自分たちの犯した罪と恥を認め、『反省』と被害者への鎮魂、世界平和を祈る気持ちを伝えようとする感動的な内容だ。
 取材を続けてわかったのは、この恥ずべき『犯罪』行為を多くの関係者が隠そうとしたことだ。終戦後、88名の遺体が適切に葬られていなかったという疑いが生じたとき、何と、建設工事中に中国人労働者を使用した土建会社は、適切に葬ったと偽装するため、偽の遺骨を中国側に返還したことが後にわかった。北朝鮮と同じ行為だ。
 今回、この話を取り上げたのは、この銅像が建立された2000年当時には、日本の過去の過ちを堂々と認めることができる政治・社会環境があったということを示したいと思ったからだ。今、この銅像と碑文を残そうとしたらどうなのか。
 日本中から右翼が集結したり脅迫行為が起きて、東川町民も身の危険を感じ、町長も建立断念を余儀なくされたのではないだろうか。
 それほど、日本の社会は変化したということだ。このままでは、我が国は、平和を願うどころか、率先して戦争を始める国になっても不思議ではない。
 今、米中対立が激化し、遠くない将来に米中戦争勃発という事態も現実味を帯びてきた。国民の多くは嫌中派に転じ、過去の過ちを完全に忘れてしまえば、政府が米国とともに戦争を始めることを国民が止めるどころか、むしろ後押しすることになるのではないか。そうなれば、戦争の勝敗にかかわず、数十万、数百万の尊い命が失われる。
 今、東川町には、アジアから多くの留学生が集まっている。日本の過去の過ちを素直に認め、世界平和のために努力しようという姿勢は、この町の発展に大きく貢献するだろう。これこそ、日本国憲法が目指す平和国家のお手本ではないか。
 終戦記念日までの10日あまり、日本の過去の過ちに思いを致し、二度と戦争を起こさないために何をすべきか。じっくり考える機会にしたい。」
   ・   ・   ・   
 平和主義者の昭和天皇は、中国との戦争も、アメリカとの戦争も、反対し、回避を求めていた。
   ・   ・   ・   
 陸軍の主流派(親ポーランドソ連・ロシア派)は、ソ連中国共産党共産主義勢力との戦争を優先して、中国との戦争には反対で、アメリカとの戦争は消極的であった。
 主流派は支那通・親中国派として、日本・アジアへの共産主義の侵略を食い止める為に日本・中国・満州・モンゴル・イスラム教徒(ムスリム)を繋ぐ大アジア防共軍事同盟を画策していた。
 ポーランドは、親日派知日派としてソ連の情報を日本軍部に知らせていた。
 陸軍の少数派(親ドイツ派)は、ソ連軍・中国共産党・ロシア人共産主義者ではなく、ファシスト・中国(中国国民党)とアメリカ・イギリス・オランダなどの自由・民主主義諸国との戦争を強引に押しすすめていた。
 主流派は親ユダヤ派で人種差別反対派であった。
 少数派は反ユダヤ派で人種差別派であった。
   ・   ・   ・   
 ナチス・ドイツは、親中国反日派として日本軍と戦うファシスト・中国軍を軍事支援していた。
    ・   ・   ・   
 戦前の日本人は好戦的な人間で、軍部や軍国主義者に騙された被害者ではなく、その逆で戦争を軍部に強要し、兵士となって戦争に参加していた。
 ただし、極少数の反天皇反日的日本人が戦争に反対し兵役を拒否していた。
 大多数の日本人は、軍人以上に戦争に賛成していた。
   ・   ・   ・   
 戦時中、日本軍は人殺しの戦争犯罪と同時に人助けの人道貢献も行っていた。
 日本陸軍は、数万人のポーランドユダヤ人を保護しナチス・ドイツホロコーストから守った。
 日中戦争の激戦中にもかかわず、黄河揚子江の決壊大洪水で数百万人の被災者を救助し、河南省大飢饉では1,000万人以上の飢餓民を救援し、漢口大空襲では逃げ惑う数十万人を救出し、ペスト・チフスなどに感染した数万人を救護し、数多くの戦争孤児を保護し安全地帯で里親を探して預けた。
 中国では度々飢饉が発生して夥しい餓死者が出た為に、農産物増産の農業指導を行い食糧不足解消の手助けをした。
 それが、靖国神社の心であった。
 日本人兵士は、銃を持って攻撃してくる敵それが女性や子供でも戦って殺し、災害被害者は敵国民はもとより武器を放棄した敵兵士でも自己犠牲的に助けた。
 それが、靖国神社の精神であった。
 世界正義は、日本軍の戦争犯罪を取り上げ、日本陸軍の人道貢献を切り捨てた。
   ・   ・   ・   
 中国人強制連行跡地
 住所 上川郡東川町東6号南3
 1842(昭和17)年,当時の内閣は、日本の労働者不足による中国人民を強行な拉致で大勢の人を集めた、年齢も15歳から45歳でほとんどが農民だったそうだ。
 1944(昭和19)年9月に、東川の宿舎に到着する。
 338名の中国人が連行され、遊水地工事のために苛酷な強制労働を強いられた。
 有刺鉄線の張った高い塀、明かりのない窓、見張所が作られ、まるで監獄部屋とも言える収容所だったそうだ。
 冬にも暖房はなく、ヨレヨレの夏服一枚に、ワラで作った靴、ワラの手袋、そんな格好での過酷な労働。
 忠別川の川底の石を素手でかき集めて運ぶ、手足が凍傷にかかり悲惨な現状だったそうです。
 農業用水かんがい溝も従事していて、1945(昭和20)年10月に完成したとある。
こうした強制労働の結果、多くの中国人を死にいたらしめてしまう結果となり、殉難者は88名にも及んだ。
 1972(昭和47)年7月7日、旭川市日中友好協会と、中国人強制連行事件殉難慰霊石碑を建立して、何回かの大法要が行われている。
 遊水地は今もなお東川町、旭川市の農産業に多くの貢献をし、東川の米は北海道でもトップクラスの品質にもなった。
 遊水地の隣りには大雪遊水公園があり、整備されパークゴルフ場、芝生広場、花壇などがあり、夏には期間限定で農産物の直売所が設営される。
 ちなみに、東川町では忠別川から水を引いて、水力発電を行なっている。この水が地底のパイプを通り、水温が下がるためそのまま川に戻すと農業用水には適さないのである、そのため、いったん水を貯める遊水地が必要だったのである。
   ・   ・   ・   
 そよ風
 マスコミの偏向報道、教育の場での自虐史観授業等に日本の危機を感じています。
 先人達が命をかけて築きあげてきたこの素晴らしい国、日本を失わないため、私達は行動します。
 < 700余名の強制連行者、新春の小樽へ賑やかに上陸?
 みたままつり >
 7月
 13
 旭川の中国人強制連行像の嘘っぱち!
 カテゴリ:中国人強制連行碑
 町長が中国強盗団の御霊に
 深甚なる祈りを込めて建立した像
 旭川の大雪遊水公園に中国人強制連行像が建っていると
 いうので、行って来ました。聞くところによると、町長の、
 署名入りで、税金500万円近くもかけて作ったとか。
 ありましたよ、堂々とした人民服を着た像が。
 素晴らしい景色の公園の入り口のど真ん中に。
 武装盗賊団・囚人達を烈士と崇めた強制連行像が。

 碑文を見てみると、想像通りの妄言。
 国策(日本が)で88人の中国人を過酷な労働により死に
 至らしめた。私は、慙悸(死ぬほどのはずかしさ)の念を禁じえない。
 日中友好の為に、この歴史的事実を後世に伝える事が大事だ!
 ですって。
 ハイハイ出ました、反日碑のお約束。
 「悪い日本人はずっと伏せ!そうすれば友好してやるから碑!」
 この町長さんは、この像の下で、日本人が永遠に、
 三跪九叩頭の礼(さんききゅうこうとうのれい)をしていれば
 中国人がどんどん来て、餌を与えてくれると思っているの
 でしょうね。

 私は、日本の子供達が永遠に中国の犬となり、
 伏せをして、餌をもらう姿を想像したくありません。
 こんな像を次世代に残す事こそ慙悸の念を禁じえません。
 ーーーーーーーーーーーーー
 
 道新:高橋毅記者はしっかり歴史を勉強しなさい
 投稿者:的場光昭メール
 困った北海道新聞掲示板 投稿日:2013年 7月 8日
  平成二十五年七月八日朝刊23頁旭川上川版は、
 「強制連行 歴史忘れぬ」 「東川 中国人労働者の慰霊祭」の見出しで、
 大東亜戦争中に東川町で遊水池建設に動員された中国人捕虜に
 対して相変わらずの左巻き報道です。
旭川市から大雪山国立公園旭岳へ向かう幹線道路には
 「中国人強制連行跡地」「中国人殉難烈士」などと書かれた木柱や
 「中国人殉難烈士慰霊碑」の案内板が堂々と立っています。
 大雪遊水公園には、四百九十八万円もの町費を投じて造られた
 人民服姿の銅像「望郷」が、日本語・中国語・英語の三ヶ国語の碑文と
 ともに立っています。碑文の一部を紹介します。

  遊水池建設にあたり、労働力不足を補うために
 1994年(昭和19年)9月に338名の中国人が強制連行され、
 劣悪な環境の下で過酷な労働が強要された。そして終戦までの
 僅か11カ月余りの間に88名もの方々を死に至らしめたのである。
 その大部分は若人であり、異国の地で故郷の父母や親族の
 ことを瞼にえがきながら斃れていった。
 その無念さを思うとき、私達は、慙悸の念を禁じえない。
 私達は、この歴史的事実を後世に伝えなお一層の日中友好
 発展と永遠の世界平和を願うものである。
 ここに遊水池が大雪遊水公園と
 して改修、完成したのを記念して、88名の中国烈士の御霊に
 深甚なる祈りを込めてこの像を建立する。
 2000年(平成12年)7月7日 東川町長 山田孝夫

 一般の中国人が「強制連行」され、酷使されて死亡したのであれば、
 その「歴史的事実」は我が国の負の遺産として「後世に伝え」なければ
 なりません。しかし、外務省の公式資料「華人労務者就労事情調査
 報告書」を詳細にみると、東川町で使役されたのは華北労工協会
 扱いによる「訓練生」です。ここでいう「訓練生」とは八路軍共産党軍)
 の捕虜・帰順兵・土匪(武装盗賊団)・囚人です。東川の町史等にも
 「華人捕虜」「中国人俘虜」と明記されています。
 戦時捕虜や帰順兵はもちろん犯罪集団や囚人を強制労働させることは
 当時としては何等国際法上問題ではありません。国際法上明らかな
 違反である旧ソ連のシベリア強制連行には「抑留」(おさえとどめること。
 比較的短期間身体の自由を拘束すること。特定の人または物を国家の
 権内に置くこと)を使う一方で、国際法上問題のない東川町の
 遊水池建設に動員された中国人俘虜には強制連行を使う、旭川支社の
 高橋毅という記者の思考回路はどうなっているのでしょうか。
 ちなみに昨年来からの私の指摘によって、この問題に対して東川町
 では「強制連行」という言葉を用いていないはずですが、高橋毅記者は
 取材によってこの言葉を関係者から直接聞いたのでしょうか?
 「中国人強制連行碑」カテゴリの最新記事
 中国人の慰霊を行う事に何の問題があるの?にお答えします。
 強制連行された奴隷が記念撮影?!
 中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭に抗議!4/4 (平成29年7月7日)
 中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭に抗議!3/4 (平成29年7月7日)
 北海道上川郡東川町 中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭に抗議!(平成29年7月7日)
 < 700余名の強制連行者、新春の小樽へ賑やかに上陸?
 みたままつり >
   ・   ・   ・   
 日本を悲劇の戦争に巻き込み、日本人を地獄の戦場に狩り出し、女や子供まで悲惨な死をもたらした、諸悪の根源は右翼・右派である。
   ・   ・   ・   
 現代日本の歴史が教える日本人像とは、失敗を繰り返すどうしようもないダメ人間、犯罪を止められない救いよがないバカ人間である。
 それが、凶悪非道な日本人重犯罪人史観である。
 そこでは、如何なる理由でそうした行動・行為を取ったかという日本側の弁明・弁護・言い訳は一切無視され、完全否定されている。
 真っ当な人間に生まれ変わらせる為には、日本的なモノを全て捨て去り、キリスト教に改宗するかマルクス主義を信奉するしかない、とされている。
 つまり、愚かな日本人を救えるのは、キリスト教共産主義の何れでしかないと。
   ・   ・   ・   
 キリスト教朝鮮人テロリストと日本人共産主義テロリストは、昭和天皇や皇族を惨殺する為に付け狙っていた。
 現代日本人は、天皇・皇室へのテロ攻撃という事実を知りながら重大問題とは認識していない。
 キリスト教朝鮮人テロリストの昭和天皇爆殺失敗事件は、警視庁前の桜田門で白昼堂々と行われて、歴史好きな日本人であれば誰でも知っている事実である。
 が、現代日本人は歴史が嫌いな為に歴史的事実を知らないし、歴史的重大事件を知ろうともしない。
 日本人は歴史が好きである、はウソである。
 日本人が好きなのは、史実を利用した創作時代劇である。
   ・   ・   ・