☢128}─3─大手電力4社が経常赤字 燃料高や原発停止が影響。2018年〜No.392   @      

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

エネルギー産業の2050年 Utility3.0へのゲームチェンジ

   ・   ・   ・   
 プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・   
 日本は、食糧・物資・エネルギー(化石燃料=石油)をアメリカの支配地域から輸入している。
   ・   ・   ・   
 2018年7月31日 産経ニュース「大手電力4社が経常赤字 燃料高や原発停止が影響
 大手電力10社の平成30年4〜6月期連結決算が31日、出そろった。原発停止や原油価格の上昇による火力発電の燃料費増加の影響で、九州電力など4社の経常損益が赤字に転落。東京電力など6社は燃料高の影響を受けたものの、経営の合理化や設備の修繕費削減などで黒字を確保した。
 10社合計の燃料費は、前年同期比314億円増加。最も赤字幅の大きかった九電は、川内原発1、2号機(鹿児島県)の定期点検により火力発電の稼働を増やしたことが負担となった。
 四国電力は昨年12月の広島高裁の仮処分決定により、伊方原発3号機(愛媛県)の運転停止が続き燃料費が増えた。中国電力沖縄電力は販売電力量の減少や修繕費の増加が響いた。
 一方、北海道電力東北電力、東電、中部電力の経常利益は増益。燃料調達にかかるコスト削減などの経営努力が実った。」


   ・   ・   ・   

電力会社のおしごと

電力会社のおしごと

電力と政治 上: 日本の原子力政策 全史

電力と政治 上: 日本の原子力政策 全史